日板の調光ガラス,LEXUSに採用

日本板硝子は,瞬間調光ガラス「UMU(ウム)スマート ウィンドウ」が,量産国産車の車室内向けとして初めて採用されたと発表した(ニュースリリース

この製品は,2枚のガラスの間に特殊な液晶シートを挟んだ合わせガラス。液晶分子は,普段は不規則に並んでいるために光を拡散し,「不透視」な状態だが,電圧がかかると整列し,光を通すため「透視」になる。

したがって,電源のON/OFFで “見える/見えない” を瞬時に切り替えることが可能。また,強靭な中間膜で貼り合わせてあるので衝撃に強く,万が一割れても破片が飛び散らない安全なガラスになっているという。

この調光ガラスを搭載するのは,LEXUSのラグジュアリーショーファーカー「LM」(2020年2月,中国・東南アジアで発売開始)。車室内パーティションに採用され,ラグジュアリーで静かなプライベート空間の創造に貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • 2030年車載電装システム市場,48兆9,120億円に 2020年03月17日
  • 林テレンプ,⾃動⾞内装用レーザー照明を開発 2020年02月18日
  • OSSら,リアルタイム運転技能診断システムを開発 2020年02月13日
  • 産総研ら,塗布プロセスの大面積調光デバイス開発 2020年01月29日
  • ソニー,自社センサーによる自動運転車を試作 2020年01月07日
  • ボッシュ,透明LCDの車載サンバイザー開発 2020年01月07日
  • 日立,3倍広角の車載ステレオカメラ開発 2019年12月27日
  • 東京モータショーに見る自動車照明の未来 2019年11月20日