次世代ディスプレー関連世界市場まとまる

富士キメラ総研は,ディスプレーの需要増加によりOLED関連部材が好調で,高コントラストや広色域を実現する高付加価値LCD向けの拡大が期待されるLCD関連部材など,ディスプレー関連部材の世界市場を調査した(ニュースリリース)。

この調査では,LCD・OLED共通関連部材5品目,LCD関連部材15品目,OLED関連部材14品目,タッチパネル関連部材6品目を調査・分析した。

・フォルダブル用カバー材料世界市場
調査は,フォルダブルディスプレーのカバー材料に使用される透明ポリイミド(PI)フィルムとフレキシブルガラスを対象とする。2019年に発売されたフォルダブルスマートフォンには透明PIフィルムが採用されており,市場は34億円を見込んでいる。

透明PIフィルムは耐久性や光学特性に課題があるため,折れ筋が発生せず筐体が歪まないフレキシブルガラスの採用も検討されている。しかし,フレキシブルガラスは割れに対する強度や屈曲半径の小径化が課題であり,当面は透明PIフィルムが中心になるとみており,市場は2024年で透明PIフィルムが392億円,フレキシブルガラスが63億円と予測している。

・ディスプレー(フォルダブルAMOLED)世界市場
2019年にSamsung El.「Galaxy Fold」やHuawei「Mate X」など,AMOLEDを採用した見開き型のフォルダブルスマートフォンが発売された。これによりフォルダブルAMOLED市場が形成され,2019年の市場は114億円を見込んでいる。2020年にはSamsung El.の新機種フォルダブルスマートフォン投入により市場は引き続き拡大し309億円を予測している。

フォルダブルAMOLEDを採用する最終製品としては,スマートフォン以外にも,タブレット端末,ノートPCなどを想定している。端末需要の増加とフォルダブルAMOLED市場の拡大には,フォルダブルを生かせるアプリケーションの開発なども重要とみている。

・QD関連世界市場
QD(Quantum Dot/量子ドット)は,特殊な光学特性を持つ半導体のナノ粒子であり,ディスプレーに応用することで広色域を実現できる。材料はセレン化カドミウムが代表的だが,カドミウムは重金属であるため環境規制に抵触するケースが多く,カドミウムフリー材料の開発が重要になっている。

・QDシート
LCDのバックライトユニットに採用されるQDシートを対象とした。高付加価値LCD向け材料であり,QDシートをバックライトに組み込んだQD-LCDが量産され,TVを中心に採用されている。Samsung El.のQD-LCD(QLED)TV向けを中心に需要が増加している。

Samsung El.のほか,Vizio,TCL,Hisenseなど中国メーカーもQDシートを採用したTVを投入しており,2019年の市場は200億円を見込んでいる。QDシートの低価格化が進んでいることから,2020年はSamsung El.がQDシートを採用したTVの展開をミドルレンジまで広げるほか,HuaweiからもQDシートを採用したTVの投入が予定されており,QDシート市場の拡大が続くとみている。

今後は,中国TVメーカーによるQDシートの採用が増えるとみているが,Samsung El.はQDシートを使用しないQD-OLEDの開発を進めており,2022年以降は市場の伸びは落ち着き,2024年には407億円を予測している。

・QDインク
QDをバインダー樹脂に分散したインクジェット用材料を対象とした。光源の青色光を赤色光や緑色光に変換させる材料として,LCD,OLEDとマイクロLED向けでの採用を想定した開発が行なわれている。

2019年は開発用のサンプル出荷のみであり,市場は形成されていない。QD-OLEDの開発が難航しており,量産技術の確立には時間を要するとみられることから,QDインクの市場形成時期は2022年ごろになるとみている。

また,QDマイクロLED向けの市場も立ち上がると予想されるが,マイクロLEDはQD-OLED以上に量産技術の確立とコストダウンが課題になっており,まずは非コンシューマー向けの展開が中心になるとみている。

2022年以降QD-OLED,QD-マイクロLEDの拡大とともに材料需要が喚起され,2024年にはQDシートの市場を上回る529億円を予測している。

・LED/OLED関連部材世界市場
OLED関連部材はスマートフォン,TV向けを中心としたAMOLEDディスプレーの需要増加により市場が拡大している。蒸着型発光材料(EML)や円偏光板などの部材が今後も安定した需要を予想しているほか,将来的には,フォルダブル用カバー材料などフォルダブル用部材,塗布型発光材料などインクジェット対応部材,QDインクなどQD-OLED用部材といった新規ディスプレーデバイス向け部材の拡大も期待している。

LCD関連部材やLCD向けの比率が高いLCD・OLED共通関連部材の市場は,2019年第三四半期以降のTV用LCDの生産調整の影響により低迷している品目も多く,共に縮小を予想している。今後はディスプレーの安定的な枚数や面積ベースの増加,車載ディスプレーに関わる部材,高コントラストや広色域を実現する高付加価値LCD用部材などの伸びにより緩やかながら拡大するとみている。

その他関連ニュース

  • ピクトリープ,赤外カメラに写る液晶表示装置開発 2020年07月07日
  • 2023年微粉体市場,6兆2,355億円に 2020年06月23日
  • パイオニアと独コンチ,統合コックピットで協業 2020年05月28日
  • 東レ,有機EL関連技術で科学技術賞開発部門受賞 2020年05月01日
  • SEMI,2020年シリコンウエハー市場予測を発表 2020年04月15日
  • 2019年半導体製造装置市場,7%減の598億ドル 2020年04月15日
  • 2030年車載半導体市場,6.0%増の586憶ドルに 2020年04月02日
  • 2019年世界半導体材料販売額,1.1%減に 2020年04月02日