ティー・イー・エム,産業用HDRカメラ発売


ティー・イー・エムは,仏New Imaging Technologies(NIT)製「MAGICカメラシリーズ」の販売を開始した(製品ページ)。

独自のCMOS特許技術により,ダイナミックレンジが140dBを超えるセンサーを搭載。波長帯400~1,000nmに感度を持つCMOSセンサーは,カラーカメラ/モノクロカメラかつUSB2.0,USB3.0,CameraLink,GigEをインターフェースにした産業用デジタルカメラとして独自のソフトウェア及びSDKとともに提供されている。

堅牢なアルミニウムハウジングをはじめ,最適化されたサイズで,重量と消費電力も低く設計されている。照明条件が急激に変化する環境や予期しない反射があるシーンにおいても飽和しづらい特長を持ち,マシンビジョンに適しているという。

この製品の主な特長は以下の通り。
・NIT特許取得済みHDRテクノロジー(140dB)
・解像度VGA~1.3MP

この製品の主な用途は以下の通り。
・溶接
・車載,交通監視
・3次元測定

その他関連ニュース

  • Basler,医療向けカメラに防塵対応を追加 2020年04月06日
  • ティー・イー・エム,InGaAs HDRカメラを発売 2020年03月18日
  • Basler,自社向けレンズラインナップを拡充 2020年02月20日
  • 阪大,ビアスイッチでFPGAを12倍高密度実装 2020年02月19日
  • 生理研ら,脳内pHをCMOSセンサーでイメージング 2020年02月12日
  • 東工大ら,最小クロック回路を5nm CMOSで開発 2020年02月12日
  • 独Basler ,「i.MX 8M Plus」対応モジュールを発表 2020年01月23日
  • Basler,CMOSセンサーカメラシリーズを拡充 2020年01月20日