ティー・イー・エム,InGaAs HDRカメラを発売


ティー・イー・エムは,仏New Imaging Technologies(NIT)製近赤外線ハイダイナミックレンジInGaAsカメラ「WiDyシリーズ」の販売を開始した(製品ページ)。

低コストかつ高性能で,あらゆるアプリケーションに活用可能。独自のInGaAsセンサーを搭載し,近赤外波長での高感度だけではなく,あらゆる照明条件で撮影可能なハイダイナミックレンジ(HDR)という特長がある。インターフェースはUSB3.0,GigE,CameraLinkおよびアナログ出力まで用意し,独自のソフトウェア及びSDKも提供。主な用途として,溶接,監視,半導体検査,サーモグラフィーを想定しているという。

「WiDy SWIR」の特長は以下の通り。
・NIT特許取得済みHDRテクノロジー(120dB)
・解像度:QVGA,VGA
・冷却なし(TECless)
・HDR

「WiDy SenS」の特長は以下の通り。
・デュアルモードInGaAsセンサー(線形および対数)
・高感度
・HDR(120dB)
・解像度:VGA

その他関連ニュース

  • 兼松,サーマルカメラ付きスマホを発売 2020年04月08日
  • Basler,医療向けカメラに防塵対応を追加 2020年04月06日
  • 日本アビオら,感染症向け発熱検知製品の開発開始 2020年03月25日
  • ティー・イー・エム,産業用HDRカメラ発売 2020年03月18日
  • 東大,赤外線でマウスの運動を自動測定 2020年03月03日
  • Basler,自社向けレンズラインナップを拡充 2020年02月20日
  • 独Basler ,「i.MX 8M Plus」対応モジュールを発表 2020年01月23日
  • Basler,CMOSセンサーカメラシリーズを拡充 2020年01月20日