パナのLED電球,国内出荷累計1億個を突破

パナソニックは,2009年10月21日にLED電球第1号を発売して以来,発売後10年4カ月で国内出荷累計1億個を突破したと発表した(ニュースリリース)。

主な製品の変遷としては,2009年10月に当時業界No.1の省エネを実現した白熱電球40形相当のLED電球を発売したが,このLED電球は光が下に集中する下方向タイプだった。2011年3月には,白熱電球とほぼ同じ光の広がりを実現した「全方向タイプ」(白熱電球40形相当の明るさ)を発売。

その後,同年9月には「全方向タイプ」で白熱電球60形相当の明るさを実現し,主照明にも使えるようになった。さらに10月には,独自のCMT(Center Mount Technology)で,白熱クリア電球のフィラメントの輝きを再現した「クリア電球タイプ」を発売してきた。

2012年10月31日には,一般的な白熱電球の生産を終了し,白熱電球からのさらなる置き換えを図るべく,さらなる省エネ,小型化を追求してきた。2015年10月には省エネ法(トップランナー制度)基準を達成し,色の再現性を向上させた「プレミア」シリーズを発売。その後,2017年10月には「プレミア」シリーズをさらに進化させ,白熱電球と同等サイズを実現した。

そして次の進化として,長い間使用されるLED電球だからこそ,省エネや光の広がり,小型化だけでなく,色の見え方などの「光の質」にこだわった「プレミアX」シリーズを2019年6月に発売。省エネ性能はそのままに,自然光と同様の色あざやかさを実現し,電球色・温白色・昼白色・昼光色の4光色をラインアップした。

同社は,発売以来,品ぞろえの強化はもちろんのこと,品質についても「長寿命」「スイッチとのマッチング」「光の色の均一性」「モノの色の見え方」「省エネ」「高い品質」「さまざまな器具への幅広い対応」などの点にこだわり,妥協しない設計・開発・ものづくりを行なってきたとし,2016年12月からは保証制度を導入している。

その他関連ニュース

  • 名大,UV-LEDが加齢による病態に有効と確認 2020年07月29日
  • ホロライト,高視認性LED照明に小型製品を追加 2020年07月20日
  • トライテラス,内視鏡室向けブルーライトを開発 2020年07月16日
  • 京セラら,「人に優しい照明」実証実験を開始 2020年06月26日
  • 山形大ら,子ども・子育て用有機EL照明を開発 2020年06月22日
  • ローム,ユニバーサルデザイン青緑色LEDを開発 2020年06月09日
  • 富士フイルム,LED搭載内視鏡システムを発売 2020年06月02日
  • 宮崎大,新型コロナに対するUV-LEDの有効性確認 2020年06月02日