FASE,3D手術映像の表示システムを発売


エフ・エー・システム・エンジニアリング(FASE)は,3D手術映像をパソコンに入力し,3Dモニターで視聴可能な教育,教材用のシステム「3D Surgical View for Neos Player」の販売を開始した(ニュースリリース)。価格はオープン。

外科手術領域のロボット手術,内視鏡手術,顕微鏡手術では,3D録画した3Dコンテンツを手術手技としてビデオ教育に活用したいという要望があったが,システムが高額となるため使われてなかった。

この製品は,PCから3Dモニター表示までをシステムとして安価に提供。ハードディスク(HDD),ブルーレイディスク(BLD),DVD等で3D録画した多数の手術コンテンツを簡単にPCに3D入力でき,その映像をメガネあり3Dモニター及びメガネなし3Dモニターに表示することができる。若い医師の手術手技教育用としての提供を想定しているという。

このシステムの主な特長は以下の通り。
・手術用3D映像をPCに簡単に入力,登録,データベース化し保管,管理可能
・3D録画媒体はHDD,BLD等。フルHD(1920×1080)登録可能
・3D入力フォーマットはSidebySideで3D表示出力はTop&Bottomで表示
・3Dモニターはメガネなし及びメガネあり3Dモニターで表示可能
・3D手術映像は手術手技教育用として利用可能
・ドクターが所有する3D映像の登録は同社がサポート可能

その他関連ニュース

  • NHK,HD解像度の3D表示システムを開発 2020年04月06日
  • がん研,内視鏡動画のデータ化プロジェクト開始 2020年03月04日
  • がん研ら,8K内視鏡手術システムの開発開始 2020年02月07日
  • 京大ら,プロジェクション投影応用の手術ガイド開発 2020年02月04日
  • 独Pepperl+Fuchs,3D-LiDARセンサーを発表 2019年12月24日
  • ams,新ASV技術製品を発表 2019年11月18日
  • オムロン,ロボハンド用3D画像センシング開発 2019年11月11日
  • 慶應病院,赤外線誘導式手術支援ロボを導入 2019年10月03日