横国大の洪鋒雷教授,宅間宏賞を受賞

横浜国立大学工学研究院の洪鋒雷教授が,2020年3月12日,応用物理学会の第21回光・量子エレクトロニクス業績賞(宅間宏賞)を受賞した(ニュースリリース)。

同賞は,レーザー物理及び光科学の研究分野において,新しい発見,発明,理論,実験等を通して,学問分野や産業分野で顕著な業績をあげた者に対して授与される。

洪鋒雷教授は,レーザー精密分光,波長安定化レーザー,光周波数計測,光周波数標準に関する研究を長期にわたり精力的に行ない,上記の課題解決を含む重要な研究業績を数多くあげてきた。

このような精密周波数計測技術の開発と国際標準への展開に関する研究は,標準,光科学,物理学などの分野に大きく貢献し,同賞にふさわしい業績であると評価された。

その他関連ニュース

  • 富士通,補償技術で科学技術賞開発部門受賞 2020年04月08日
  • ソニーら,光通信で宇宙開発利用大賞受賞 2020年03月23日
  • ソニー,μLEDディスプレーで大河内記念賞 2020年02月20日
  • 第35回櫻井健二郎氏記念賞が決定 2020年02月14日
  • スペクトロニクス,「ものづくり日本大賞」を受賞 2019年12月27日
  • 東工大腰原伸也教授,2019年度島津賞を受賞 2019年12月12日
  • フジクラ船木氏,「つくば奨励賞」を受賞 2019年12月09日
  • SEMI記念賞に,JSR小柴満信氏が決定 2019年12月04日