NECディスプレイ,シャープとの合弁会社に

NECは,ディスプレー機器を中心とした映像ソリューション事業を担うNECディスプレイソリューションズを,シャープと合弁会社化することに合意した(ニュースリリース)。

具体的には,NECディスプレイソリューションズの株式のうち66%分をシャープに譲渡し,NEC保有分は34%となる。譲渡時期は本年7月1日を予定している。

NECディスプレイソリューションズが提供する,鮮明で高品質な液晶ディスプレーやビジネスプロジェクター,デジタルシネマは,世界120を超える国と地域で多数のユーザーから高い信頼と評価を得ている。一方,シャープは液晶ディスプレー,電子黒板,ビジネスプロジェクター,8K関連商品などを提供しており,特に国内市場で強みを持っている。

近年,駅・空港のインフォメーション,商業施設でのプロモーション,テーマパークや映画館でのプロジェクションなど,暮らしやビジネスの様々な場面で映像ソリューションの活用が広がる一方,競争環境は激化の一途をたどっている。

NECがICT(情報通信技術)を活用して社会インフラを高度化する社会ソリューション事業に注力する中,映像ソリューション事業については,国内外の市場で相互補完関係にあり,また8Kをはじめとする先進技術を保有するシャープとの合弁会社化を通じて新規領域の事業拡大やスケールメリットなどのシナジー創出を図り,中長期的な事業成長,収益体質の改善を目指すことが望ましいと判断した。

なお,合弁会社はNECブランドの製品を引き続き提供し,NECは合弁会社と密に連携し,同社製品をグローバルに販売していくとしている。

その他関連ニュース

  • オリンパス,カメラ事業を譲渡へ 2020年06月24日
  • キヤノン,中国のメディカル事業を再編 2020年05月12日
  • 日立化成,昭和電工の連結子会社に 2020年05月01日
  • コーニング,静岡のLCDガラス工場を停止へ 2020年04月20日
  • 浜ホト,韓国の画像計測機器事業を強化 2020年03月25日
  • 京セラ,昭和オプトロニクスを子会社化 2020年03月25日
  • パナのテスラ向け工場,太陽電池の生産停止 2020年02月27日
  • 小糸製作所,米LiDARメーカーの株式取得 2020年02月14日