SEMI,2020年シリコンウエハー市場予測を発表

SEMIは,4月14日(米国時間),新たな四半期市場データを発表した(ニュースリリース)。

それによると,2020年下半期のシリコンウエハー市場の2つのシナリオが提示されている。ひとつは半導体業界への新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を巡る不確実性が続くことにより販売額が減少するという悲観的シナリオで,もうひとつは半導体売上の回復の勢いに乗って上昇するという楽観的シナリオ。現時点ではいずれの可能性も考えられるという。

同社では,現在,世界各国でCOVID-19との闘いが続く中,2020年下半期にシリコンウエハー販売額が減少し,2021年の価格交渉にも影響する可能性があるという悲観的シナリオに沿って予測を立てている。

しかし,COVID-19が引き起こした不確実性がシリコンウエハー需要の減少につながるのか,それともその甚大な影響は数カ月に限定されるのかという疑問は残る。リスクを分散し,2020年第2四半期の販売額への影響を和らげる手段として,半導体メーカーはシリコンウエハーの発注を増やし,今後の需要に対応するために安全在庫の確保に努めると予測している。

COVID-19の蔓延によって半導体需要が2020年下半期に大きく落ち込む場合,シリコンウエハー出荷面積は第2四半期まで増加し続けるものの,第3四半期には減少に転じる可能性がある。

この悲観的シナリオでは,2020年の300mmシリコンウエハー出荷面積は第2四半期に大幅に増加したとしても,通年では横ばいまたはわずかな減少となり,200mmと150mmの出荷面積はそれぞれ5%と13%減少すると考えている。

一方,2020年後半に業界の力強い回復が始まれば,第2四半期の在庫増加がシリコンウエハー出荷面積の増加にもつながる可能性がある。留保需要が半導体業界の回復を後押しする期待の高まりにより,この上昇傾向は2020年の年末まで続く可能性がある。

今年に入ってCOVID-19が蔓延したことにより,シリコンウエハー出荷面積の総計は2018年の10月をピークに引き続き減少している。2017年から2019年にかけて出荷面積は0.4%増加しているが,2019年の総出荷面積は前年比6.9%の減少となった。

2019年のシリコンウエハー出荷面積と販売額はいずれも減少しているが,在庫水準の正常化,メモリー市場の改善,データセンター市場や5G市場の成長への期待の高まりとともに,2020年は楽観的な予測がされていたとしている。

その他関連ニュース

  • 2023年微粉体市場,6兆2,355億円に 2020年06月23日
  • SEMI,2021年半導体ファブ投資は過去最高に 2020年06月10日
  • SEMI,2021年半導体ファブ投資は69憶ドルに 2020年05月11日
  • 2019年半導体製造装置市場,7%減の598億ドル 2020年04月15日
  • 2030年車載半導体市場,6.0%増の586憶ドルに 2020年04月02日
  • 2019年世界半導体材料販売額,1.1%減に 2020年04月02日
  • 2019年画像認識関連技術市場,290億円に 2020年03月25日
  • 2019年度,非破壊検査機器市場は6,411億円に 2020年03月23日