リンシュンドウ,ファイバーレーザー加工機を発売


リンシュンドウは,ステンレス板・アルミ板・パイプの切断を行なえる「RSD-SUNMAX-FL3015CNR」の発売を開始した(ニュースリリース)。

ステンレス板だけでなくアルミ板や丸角パイプも切断できるファイバーレーザー加工機。スピーディーな金属加工が可能なため,コストパフォーマンスに優れているという。

目的に応じて500w~8000wのレーザー出力発振器を選択できる。また,円柱パイプ・角柱パイプともに加工が可能で,最大加工径は円柱パイプでφ150mm,角柱パイプで150mm角だという。

平板専用の専用制御ソフトウエア「CypOne J」を使えば,高さの自動トラッキング,セグメントピアス,プログレッシブピアス,エッジシーク,飛び越し,リフトアップの高さの任意設定など,多くの加工設定が可能だという。また,回転加工専用ソフトウエア「TubePro」「TebesT-Lite」も用意している。

自動水冷機を付帯し,焦点レンズ等,レーザーヘッドを冷却。この自動水冷機は大流量,低騒音のステンレス製循環ポンプを使用し,タンク,パイプも錆びない素材が使われているため,安定した水圧,長寿命を実現しているという。

その他関連ニュース

  • SP,40Wグリーンファイバーレーザーを発表 2020年07月06日
  • コヒレント,二重ビームファイバーレーザーを発売 2020年06月09日
  • ニコン,新型マルチ光加工機で森精機と協業 2020年05月27日
  • リンシュンドウ,ファイバーレーザー溶接機を発売 2020年05月05日
  • コヒレント,フィンランドに製造・開発拠点設立 2020年04月16日
  • 島根大,金属の原子配列の欠陥拡散を観測 2020年03月31日
  • 東北大ら,1000倍高速X線で錆の形成過程解明 2020年03月05日
  • 千葉大,金属表面上のCO分子膜に新知見 2020年02月28日