岡本硝子のUV反射膜,殺菌・不活化波長に好適

岡本硝子は,250~400nmの紫外線を効率よく「拡散反射」させる紫外線反射膜,250~280nm(UV-C)用の「UV479」と,300~400nm(UV-A, UV-B)用の「UV478」をラインナップしている(製品ページ)。

2液混合の熱硬化インクとなっており,スクリーン印刷により各種基板に塗布する事が可能となる。インク販売だけではなく,印刷加工や各種基板への塗布に応じることも可能。

なお,UV-Cの中でも,新型コロナウィルス等の殺菌・不活化に効果的とされている265nm付近の反射率が高く,物質表面,水,空気等の殺菌・滅菌システム用途として期待されている。

主な特長は以下の通り。
・拡散反射率
「UV479」>90%@265nm
「UV478」>85%@365nm

主な用途例は,LED COB基板用絶縁反射膜,医療・生活家電用の殺菌・滅菌装置向け紫外線反射膜,空気・空間洗浄機向け紫外線反射膜などとしている。

2020年6月16日 WEBセミナー『注目のUV-C(280nm以下)! 細菌・ウイルスの不活化に迫る技術』開催!

その他関連ニュース

  • シキノハイテック,感染防止タッチレスマウス発売 2020年06月05日
  • カンタム,デンマークのUV-C消毒ロボを販売 2020年06月04日
  • 宮崎大,新型コロナに対するUV-LEDの有効性確認 2020年06月02日
  • ウィルス・細菌の不活化に!「UV-Cセミナー」開催 2020年06月02日
  • 日機装のDUV-LED,新型コロナに有効性を確認 2020年05月28日
  • アイ・アール・システム,赤外線センサー素子を発売 2020年05月26日
  • NTTデータら,AI画像認識でCOVID-19診断支援 2020年05月26日
  • オプティクスを用いて新型コロナウイルスを診断 迅速で正確な,信頼性の高いCOVID-19検査
    オプティクスを用いて新型コロナウイルスを診断 迅速で正確な,信頼性の高いCOVID-19検査 2020年05月26日