キヤノン,中国のメディカル事業を再編

キヤノンは,キヤノン(中国)有限公司における眼科機器事業を,2020年5月1日付でキヤノンメディカルシステムズ(中国)有限公司(キヤノンメディカル中国)に移管した(ニュースリリース)。

これにより,中国市場におけるキヤノンのメディカル事業を強化し,より質の高い製品,販売,サービス,アプリケーションサポートを顧客に提供し,医療業界に貢献していくという。

今回の中国における事業再編により,キヤノンメディカル中国は計測機器,眼底カメラ,光干渉断層計(OCT)などの眼科診断ソリューションの提供が可能となる。医用画像診断システム事業のシナジーを活用し,眼科における慢性疾患の増加に関連するさまざまな課題に対応していくという。

これらの慢性疾患には,加齢黄斑変性,糖尿病網膜症,緑内障,遺伝性網膜疾患やその他の網膜症状など,視力の低下や失明につながる疾患が含まれる。

キヤノンはグループ全体でメディカル事業の再編をすすめることで,グローバルにメディカル事業の強化・拡大を図っていくとしている。

その他関連ニュース

  • コーニング,静岡のLCDガラス工場を停止へ 2020年04月20日
  • ニコン,超広角SS-OCT付き検眼鏡を発売 2020年04月06日
  • NECディスプレイ,シャープとの合弁会社に 2020年03月25日
  • パナのテスラ向け工場,太陽電池の生産停止 2020年02月27日
  • キヤノンメディカル,露企業と事業強化の同意書締結 2019年07月04日
  • ニデック,共焦点走査型レーザー検眼鏡を発売 2019年07月02日
  • 市光工業,小型ランプのハクデンを解散 2019年05月15日
  • ニコンヘルス,OCT付きレーザー検眼鏡を発売 2019年04月02日