ショット,折りたたみ可能な超薄ガラスを発表

独ショットは,折りたたみ式ディスプレーおよび折りたたみ式スマートフォン向けの最も柔軟な超薄ガラス「Xensation Flex」を発表した(ニュースリリース)。

この製品は超薄板ガラス(UTG)であり,処理後には指で曲げられるほどに十分な柔軟性があり,大量生産で利用できる。UTGの強みは,業界で最も柔軟性のあるガラスを提供する。曲げ半径は2mm未満で,処理後の厚みは人の髪の毛よりも薄くなる。このフレキシブルカバーガラスは,同社の「Xensation」高性能ガラスのポートフォリオに追加される。

この製品はその卓越した柔軟性に加えて,化学的に強化することができる。これにより,柔軟で強力なディスプレーを必要とする折りたたみ式スマートフォンに適した素材になる。またこの製品の高い透明性は,ハイエンド製品ユーザーに向けたプレミアムオプションとなる。また,ラップトップ,タブレット,またはまったく新しい製品グループなど,これまでにないデバイスデザインへの道を開くものだという。

この製品は,いくつかのアプリケーション向けにカスタマイズされたさまざまなUTGの研究および製造における30年以上の経験に基づいており,同社は「ダウンドロー法」として知られるUTG製造プロセスを改良してきた。ダウンドロー法は,ガラスリボンが溶融炉から引き下げられ,さまざまなローラーで成形され,冷却トラックを通過する。希望の薄さのガラスを溶融物から直接引き出すことで,有害な酸エッチングを必要とせずに安定した薄さを実現する。

同社は現在,折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Z Flip」を正式に市場投入した韓国Samsungに超薄ガラスを供給している。これは同社の技術と生産能力が他のガラスメーカーに比べて優位な立場にあることを意味し,今後も超薄型ガラス製品の改善と強化を継続していくとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,ガラスの構成原子の配位数を可視化 2020年11月18日
  • 東大ら,印刷できるn型有機半導体単結晶を開発 2020年11月18日
  • 電気硝子の強化ガラス,⾞載ディスプレーに採⽤ 2020年11月05日
  • 産総研ら,フレキシブル電子輸送性有機半導体開発 2020年10月23日
  • 東大ら,ガラスが固体と液体の中間と示す 2020年10月19日
  • ams,スマホ向け光学センサーを発表 2020年10月19日
  • 大有機の光配向材料,有機ELFDに採用 2020年10月09日
  • 東大,理論限界に迫る塗布型TFTを実現 2020年10月09日