三菱マテ,太陽電池の京大ベンチャーに出資

三菱マテリアルは,「MMCイノベーション投資事業有限責任組合」を通じて,ペロブスカイト太陽電池の製品化を目指すエネコートテクノロジーズへ出資を行なった(ニュースリリース)。

ペロブスカイト太陽電池とは,ペロブスカイト結晶の層等を基板に塗布して形成する太陽電池で,現在一般的に使用されている結晶シリコン太陽電池よりも軽量で厚みを約100分の1にできるほか,折り曲げて多様な場所に設置することも可能なため,次世代の太陽電池として普及が期待されている。

京都大学発のスタートアップ企業であるエネコートテクノロジーズでは,現在,より高い発電効率と耐久性を併せ持つペロブスカイト太陽電池の開発に取り組む一方,同太陽電池に含まれる鉛を代替材料に置き換える,鉛フリーの太陽電池の開発も進めている。

今回,同社はエネコートテクノロジーズへ出資するとともに,ペロブスカイト太陽電池の耐久性の向上に貢献する技術や鉛フリー化に必要な周辺材料等の開発に関して協業していくことで,環境負荷低減を考慮したものづくりの徹底に取り組んでいくという。

また同社グループは今後も国内外の最先端技術を取り入れた技術開発を積極的に推進することで,脱炭素社会の構築に貢献していくとしている。

その他関連ニュース

  • OISTら,ペロブスカイト太陽電池の欠陥を解明 2020年04月17日
  • 九大ベンチャー,4社から1億5000万円を調達 2020年03月18日
  • XTIA,4社と資本業務提携し17億円を調達 2020年02月21日
  • QDレーザ,金融機関3社と17億の融資契約締結 2020年01月22日
  • パイフォトニクス,第三者割当で1億円調達 2019年12月27日
  • セイコーエプソン,3D企業と提携 2019年11月05日
  • 東工大,ペロブスカイト太陽電池の特性向上 2019年10月22日
  • 京大ら,太陽電池によるIoT環境センサーを開発 2019年10月21日