アイ・アール・システム,赤外線センサー素子を発売


アイ・アール・システムは,独trinamiX製「PbS/PbSe赤外線センサー」の発売を開始した(会社HP)。

trinamiX独自の薄膜封止技術をセンサーチップに直接施すことにより,水分や酸素など周囲環境の影響を受けにくく,劣化を抑制した高耐久性能を実現。薄型ベアチップ(電極付き),PCBサブマウント実装タイプ,TO-CANパッケージなど,用途に合わせて選択可能な形状となっている。

成分検知・材料分別,火花検出・火炎制御,ガス検知(NDIR)など,安全性,耐久性が求められるさまざまな用途への応用が可能。開発をサポートする評価キットや光学フィルタなども提供しているという。

この製品の主なラインナップは以下のとおり。
・シングルピクセル(0.5mm□-10mm□)
・マルチシングルピクセル(2-8ピクセル)
・マルチピクセル(2-16ピクセル)
・リニアアレイ(最大512ピクセル)

その他関連ニュース

  • ピクトリープ,赤外カメラに写る液晶表示装置開発 2020年07月07日
  • 日本アビオ,発熱者検知用サーモカメラを発売 2020年07月03日
  • NEC,画像認識とサーマルカメラの感染対策発売 2020年07月02日
  • オムロン,UVC除菌にモバイルロボットを提供 2020年07月01日
  • 日板,光触媒ガラスの簡易衝立キットを発売 2020年07月01日
  • NEDOプロ,レーザーの銅コーティングを6倍速に 2020年07月01日
  • UACJら,銅の抗菌性を持つ透明フィルムを開発 2020年06月30日
  • NEDO,革新的センシングデバイス開発に着手 2020年06月22日