三菱,液晶事業から撤退

三菱電機株は,同社子会社のメルコ・ディスプレイ・テクノロジー(MDTI)でのTFT液晶モジュールの生産を2022年6月をめどに終了し,液晶事業を終息すると発表した(ニュースリリース)。

現在,産業用・車載用の中小型TFT液晶モジュールを取り扱う同社の液晶事業は,市場のニーズを踏まえた事業領域で,先端技術を搭載した付加価値の高い製品を開発・市場投入することで拡大を進めてきた。

しかしながら,これまで同社が強みとしてきた高い表示性能や信頼性を有する製品もグローバルでの価格競争が想定以上に激化し,製品競争力の維持が困難な状況となったため,TFT液晶モジュールの生産を終了し,液晶事業を終息するという。

同社は今後,同社とMDTIの液晶事業に係わる経営資源をパワーデバイスなどの成長牽引事業群へシフトし,さらなる成長・発展を目指すとしている。

なお,今回の措置に伴う同社連結業績への重要な影響および,当期(2021年3月期)の連結業績予想の修正は無いとしている。

その他関連ニュース

  • シャープ,ディスプレー/カメラ事業を分社化 2020年06月04日
  • コーニング,静岡のLCDガラス工場を停止へ 2020年04月20日
  • パナのテスラ向け工場,太陽電池の生産停止 2020年02月27日
  • 三菱電機,太陽光発電システムの製造を終了 2019年12月03日
  • パナ,半導体事業を台湾の半導体企業に譲渡 2019年11月28日
  • パナ,液晶パネルの生産終了を発表 2019年11月22日
  • オムロン,バックライト事業から撤退 2019年09月10日
  • 市光工業,小型ランプのハクデンを解散 2019年05月15日