オリンパス,結石治療用レーザーを発売

オリンパスは,尿路結石の効率的な破砕により手術時間の短縮に貢献し,患者の負担軽減につながるツリウムファイバーレーザー装置「SOLTIVE SuperPulsed Laser System(ソルティブ スーパーパルスド レーザーシステム)」を,今月より米国およびカナダ,欧州地域で発売する(ニュースリリース)。

この製品は,主に尿路(腎臓,尿管,膀胱,尿道)に発生した結石をレーザー装置によって細かく破砕して体外に排出するため用いられるもので,ツリウムファイバーレーザー技術を利用した製品。

尿路結石に対するレーザー治療は,尿管鏡や膀胱尿道鏡,硬性腎盂鏡の内視鏡画像観察下で,処置用チャンネルにレーザーファイバーを通して,尿路に生理食塩水を還流させながら行なわれる。

この治療には,結石をある程度の大きさまで破砕し取り除く方法と,細かく粉砕し塵状にする方法があり,どの方法で治療するかは結石の大きさや手術時間などを考慮して選択される。治療後に結石の破片が除去されずに尿路内に残っていると,再度結石が大きくなり,場合によっては緊急手術が必要となることもあるため,近年では細かく粉砕するニーズが高まっているという。

ツリウムファイバーレーザーの波長は水に吸収しやすい1940nmであり,結石中の水分に効率よくエネルギーを吸収させることができる。これにより,一般的に市場で使われている Ho:YAG レーザー(ホルミウムヤグレーザー)よりも速いスピードで結石の粉砕が可能となり,治療時間の短縮に貢献することが期待できる。

また,Ho:YAGレーザーより広範な設定範囲の提供が可能であり,低いパルスエネルギーと高い周波数設定により結石を細かく粉砕することで,スムーズな排出が期待できる。

また,ツリウムファイバーレーザー技術を用いることで,Ho:YAGレーザー装置に必要な巨大な水冷システムの搭載が不要。これにより,高い結石破砕性能を確保しながらもシステム全体の大幅な小型軽量化を実現した。また,システムが軽量のため,トロリーカートに搭載することで手術室間の移動を効率よく行なうことができる。さらに装置の清音化も実現し,術中の手術室環境の改善にも貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • 理研,一波長励起でサブサイクル光を増幅 2020年07月09日
  • SP,40Wグリーンファイバーレーザーを発表 2020年07月06日
  • 東大ら,レーザー中の散逸量子系を記述 2020年07月06日
  • 光響,簡易型レーザー遮光ボックスを発売 2020年06月24日
  • マウザー,オスラムの高出力レーザー2種を販売 2020年06月16日
  • コヒレント,二重ビームファイバーレーザーを発売 2020年06月09日
  • ビーム,高出力小型短パルスレーザーを発売 2020年06月09日
  • 量研,光温熱療法用ナノ薬剤を開発 2020年06月09日