オリンパス,カメラ事業を譲渡へ

オリンパスと日本産業パートナーズ(JIP)は,オリンパスの映像事業を新会社として分社化し,オリンパスからJIPが管理・運営その他関与するファンドに対して譲渡することに関する意向確認書を締結した(ニュースリリース)。

今後,両社は,デュー・ディリジェンス(投資対象企業の調査)および更なる協議を経て,2020年9月30日までにこの取引に関して法的拘束力を有する正式契約(最終契約)を締結することを目指すという。

オリンパスは,スマートフォンやタブレット端末等の進化に伴う市場の急激な縮小等,極めて難しいデジタルカメラの市場環境に対応するために,生産拠点の再編等によるコスト構造の見直しや収益性の高い交換レンズを強化するなど,売上規模が縮小しても継続的に利益を生み出せる事業構造とするべく,収益構造の改善を図ってきた。しかし,同社の映像事業は2020年3月期まで3期連続で営業損失を計上するに至っている。

このような状況において,オリンパスは,よりコンパクトで筋肉質且つ機動的な組織構造とすべく映像事業を分社化し,JIPのもとで事業を展開することが,映像事業の自律的かつ持続的な成長を実現し,オリンパスの製品を愛好する顧客への価値提供と,そのために働く従業員にとって最適であると判断し,この取引の実現に向けてJIPと意向確認書を締結するに至ったという。

JIPは,事業の選択と集中に取り組む企業が事業部門や子会社の外部への切り出し(カーブアウト)を行なう際に投資を行ない,その事業が持つ潜在成長力を引き出し自律的な成長を促進する「戦略的カーブアウト」の豊富な実績を有している。

新会社はJIPの支援を得ることにより,オリンパスがこれまで培ってきた革新的な技術とユニークな商品開発力を活用し,OM-Dや,PEN,ZUIKOなどをはじめとしたブランドを継承する事業体として,顧客にとってより良い製品/サービスを提供するとともに,事業に携わっている役職員にとってもより働き甲斐のある会社とすることを通じて,事業の持続的な成長を実現するとしている。

その他関連ニュース

  • シャープ,ディスプレー/カメラ事業を分社化 2020年06月04日
  • キヤノン,中国のメディカル事業を再編 2020年05月12日
  • コーニング,静岡のLCDガラス工場を停止へ 2020年04月20日
  • NECディスプレイ,シャープとの合弁会社に 2020年03月25日
  • パナのテスラ向け工場,太陽電池の生産停止 2020年02月27日
  • パナ,欧州照明デバイス事業の株式譲渡 2020年02月12日
  • パナ,映像・照明器具など国立競技場に納入 2020年01月07日
  • 2019年度「C&C賞」に,安田靖彦氏と羽鳥光俊氏 2019年10月02日