NEC,次世代通信に向けNTTと資本提携

NECは,2020年6月25日付で,日本電信電話(NTT)を割当予定先として,第三者割当の方法による新株式の発行及び自己株式の処分を行なうと発表した(ニュースリリース)。また両社は,資本業務提携に関する契約も同日付で締結した。

NTTは,中期経営戦略において,将来の研究開発ビジョンとしてIOWN構想を打ち出し,世界のパートナーとともに,ゲームチェンジを可能とする技術開発等を通じたイノベーションに取り組んでいる。

一方NECは,社会ソリューション事業に注力しており,5Gをはじめとするネットワーク技術とAI,生体認証,セキュリティなどのデジタル技術を活用し,多様なパートナーと共創することで,新たなビジネスモデルやサービスの創出に取り組んでいる。

今回両社は,互いの強みを活かして日本発で国際競争力のある最先端の技術・製品を共同で開発し,協力して最適な販売の枠組みを構築することにより,更なるグローバル市場への展開を図る。

具体的には,「O-RANをはじめとするオープンアーキテクチャの普及促進」と「IOWN構想の実現」に向けて,早期に共同の研究開発体制を立ち上げ,以下に取り組む。

① 最先端技術の開発・活用により,世界最高レベルの性能と低電力化を兼ね備えた小型光集積回路(DSP)およびそれを組み込んだ情報通信機器を開発し,グローバルに販売する。

② グローバルに連携を図りながら,O-RAN Alliance仕様の普及促進を行ないつつ,O-RAN準拠の国際競争力のある製品を開発・販売し,グローバルトップシェアをめざす。開発にあたっては,光・無線技術を活用した革新的なデバイスを基地局装置に適用することで,超高速処理・超低遅延・超低消費電力を目指す。

③ NTTが掲げるIOWN構想の実現に資する革新的技術・光/無線デバイスの開発を行ない,その一環として海底ケーブルシステムの大容量・高機能・低コスト化の実現や,宇宙通信の大容量・低遅延・自動/自律化,インフラネットワークのセキュリティ確保に向けた技術の高度化等を目指す。

資本提携は,中長期での共同研究開発が必要となることから実施した。その方法については,NECが新たに発行する普通株式12,376,600株及び保有する自己株式647,000株を第三者割当の方法によりNTTが取得する本第三者割当増資による。これによりNECは約640億円を調達する。

この資金は,上記事業の加速・推進のため,全額を2030年頃までに革新的ネットワーク開発に係る研究開発資金等の一部として充当するという。

その他関連ニュース

  • ニコンと森精機,包括的な業務提携を締結 2019年11月08日
  • セイコーエプソン,3D企業と提携 2019年11月05日
  • 島津,ミツトヨとX線CTシステム販売で提携 2019年09月05日
  • HPとシーメンス,産業用AM実現に向け提携を拡大 2019年07月02日
  • 住友化学,仏企業と有機光ダイオードで提携 2019年07月02日
  • パナ,自律ロボ開発企業と熱加工で提携 2019年06月17日
  • 三井化学,ASMLとEUVパーツでライセンス契約 2019年06月04日
  • 日本レーザー,Photon Controlと代理店契約を締結 2019年01月31日