ニデック,眼科領域で国内初の再生医療等製品発売

ニデックは,角膜上皮幹細胞疲弊症の治療を目的とした自家培養角膜上皮「ネピック」を発売する(ニュースリリース)。

眼球の表面は角膜と結膜からなり,角膜は透明で血管がなく,層構造をしている。その最も外側にある角膜上皮は,角膜上皮細胞からなり,外界から細菌や化学物質の侵入を防ぎ,角膜内層を保護する役割を持っている。

角膜と結膜の境界である角膜輪部には角膜上皮幹細胞が存在し,角膜上皮細胞を供給するとともに結膜上皮細胞の侵入を防ぎ,角膜上皮の透明性を維持する重要な役割を担っている。

角膜上皮幹細胞疲弊症とは,この角膜上皮幹細胞が,先天的または外的要因等によって消失することで発症する疾患。角膜の透明性が失われ,視力の低下や眼痛などの臨床症状が見られる。

この製品は,患者自身の角膜輪部組織(角膜と結膜の境界にあり,角膜上皮細胞の幹細胞が存在する部分)から分離した角膜上皮幹細胞をシート状に培養したもので,眼科領域では国内初の再生医療等製品となる。この品を移植することにより,角膜上皮を再建させることを目的とするもの。

従来の角膜上皮幹細胞疲弊症の治療法では,ドナー眼を用いた角膜移植術が実施されているが,拒絶反応が起こるなど有効な治療法がなかった。この製品は角膜ドナーが不要で,患者自身の組織を移植するため,拒絶反応もないことが特長。同社ではこの製品が,角膜上皮幹細胞疲弊症の治療法の新たな選択肢になるとしている。

その他関連ニュース

  • 豊技大,瞳孔からlとrの聞き分け能力を推定 2020年07月06日
  • 九大,近視性黄斑症の発症率を調査 2020年06月30日
  • 東北大,視野安定もたらす脳処理機構に新知見 2020年06月10日
  • J-TECの自家培養角膜上皮,保険収載が了承 2020年05月20日
  • 横市大ら,近視を発症・進行する遺伝子を発見 2020年05月19日
  • Nano Retinaら,人工網膜の臨床試験に成功 2020年05月08日
  • 阪大ら,iPS角膜上皮細胞の純化法を確立 2020年04月21日
  • ニコン,超広角SS-OCT付き検眼鏡を発売 2020年04月06日