ソニー,AI搭載の画像鮮明化システムを発売

ソニービジネスソリューションは,独自のAI技術で,逆光,暗所,霧,影,雪など,さまざまな環境下で撮影された映像の視認性をリアルタイムに向上する「画像鮮明化システム」を,7月14日に発売した(ニュースリリース)。価格は940,000円前後(税抜)。

このシステムは,監視カメラや情報カメラなどの映像内の特徴を独自のAI技術で自動的にリアルタイム解析し,それぞれに最適な画像処理を行なうことで映像の視認性を向上する。逆光下での撮影など,画面内に暗い部分と明るい部分が同時にある場合でも,映像内の領域ごとに最適な処理を行なう。

画像処理はAIで自動的に行なわれるため,専門知識が必要な細かい設定・調整をすることなく使用可能。また,コンパクトな筐体で,カメラやレコーダーとHDMI接続するだけで利用可能なため,既存の設備を生かしながら簡単に設置できる。

4K/HDに対応しており,鮮明な映像が求められる放送局の情報カメラや,工場内の監視カメラ,社会インフラ企業における河川監視や港湾監視,空港監視,視認性の悪い記録映像の再利用などをアプリケーションとして想定する。
 
このシステムは,同社が,映像入出力ユニット(ジーニック製)に画像鮮明化プログラムを搭載した上で,販売を行なうという。

その他関連ニュース

  • 2019年監視カメラ市場,前年比120%の6,480万台 2020年08月05日
  • アイリスオーヤマ,ネットワークカメラに参入 2020年04月14日
  • NECのAI搭載のスマート街路灯,六本木に設置 2020年02月21日
  • システムギア,小型防爆ネットワークカメラを開発 2019年11月11日
  • 日本アビオ,サーモカメラ監視システム3種を発売 2019年07月01日
  • タムロン,近赤用望遠バリフォーカルレンズを発売 2019年06月26日
  • 24年イメージング&センシング市場,17年比62.2%増に 2019年05月08日
  • タムロン,近赤外光対応の4K/8Mレンズを発売 2019年05月08日