東大ら,人間拡張に関する連携講座を設置

東京大学,ソニー,凸版印刷,京セラ,ティアフォーは,東京大学大学院情報学環(大学院情報学環)に「ヒューマンオーグメンテーション社会連携講座」を設置し,2020年8月から推進していくことで合意した(ニュースリリース)。

この講座は、人間の能力を総合的に拡張するヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学の研究開発・社会実装を推進し、IoA(Internet of Abilities:能力のインターネット)の社会基盤を具現化することを目的とする。

この講座は,ソニーと東京大学が2017年から2020年に実施した東京大学大学院情報学環「ヒューマンオーグメンテーション学寄付講座(ソニー寄付講座)」の活動を発展させたものとなる。

ヒューマンオーグメンテーション(Human Augmentation)とは,東京大学大学院情報学環教授でソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)の副所長でもある暦本純一氏が提唱するコンセプトで,人間と一体化して,人間の能力を拡張させるテクノロジーを開拓していくというもの。

拡張する能力の範囲は,知覚能力・認知能力・身体能力・存在感や身体システム(健康)まで幅広く捉えており,これまでに,視線を認識するウェアラブルコンピューターや,ドローンやロボットによる体外離脱視点を用いたトレーニング支援,人間の体験をウェアラブルセンサーやネットワークにより他の人間と共有・接続する人間=人間接続型テレプレゼンスなどの研究を行なってきた。

ヒューマンオーグメンテーションはまた,人間とテクノロジー・AIが一体化し,時間や空間の制約を超えて相互に能力を強化しあう,IoAという未来社会基盤の構築を視野に入れた,最先端の研究を体系化していく学問領域となる。

大学院情報学環は,情報学分野の総合的で高度な研究と教育を先端的かつダイナミックに推進する組織で,知の構造化に積極的に参画し,知の公共性を担保していくことを使命としている。

この講座では,前身であるヒューマンオーグメンテーション学寄付講座で醸成されたヒューマンオーグメンテーション学のさらなる浸透を図るとともに,複数の企業や機関の参画による多様な領域からの人材で構成する産学連携推進体制の構築により産産連携,産学官連携を推進し,スピード感と安定感を両立した社会実装及び学発ビジネスの具現化を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • NHK,AR・VR空間共有映像視聴システムを開発 2020年08月05日
  • リコー,最軽量のスマートグラスを開発 2020年08月04日
  • KDDI総研ら,遠隔操作ロボの映像伝送を超低遅延化 2020年07月09日
  • 理研ら,VRと二光子顕微鏡で脳内地図を観察 2020年07月08日
  • 凸版印刷の認知症体験VR,経済研で採用 2020年05月27日
  • 新潟⼤ら,ARの子どもの行動への影響を明示 2020年04月23日
  • Inkron,AR/VRで光学企業3社と協業 2020年03月09日
  • 遺伝研ら,VRを魚に見せて脳の働きを研究 2020年03月03日