SCREEN,細胞形態解析イメージング製品を発売

SCREENホールディングスは,細胞増殖や形態変化の定量分析性能と生物顕微鏡に迫る高精細な観察性能を兼ね備えた,細胞形態解析イメージングシステムの最新モデル「Cell3iMager duos2(セル スリー イメージャ デュオス ツー)」を開発し,2020年8月から販売を開始する(ニュースリリース)。

近年,幹細胞を使用した再生医療研究は,生体組織と類似した3次元組織であるオルガノイドを人為的に形成する技術の確立により,大きく進展している。オルガノイドの薬剤感受性試験や細胞治療による再生医療への利用が期待される中,3次元構造体であるオルガノイドの形態的な特徴や,蛍光による機能の解析を定量化することが求められている。

これに対し同社は,この新製品を開発した。この装置は,2016年に発売した先代機の持つ,生物顕微鏡では困難だった培養ウェルプレート全面における細胞個々の高精細かつ均一な撮像性能を継承しつつ,蛍光光源を使用した撮像において,同社従来比約3倍のスキャンスピードを実現した。

また,蛍光光源ユニットの自動切り替えが可能となったため,複数色の蛍光と明視野撮影を複合的に活用した解析が,高速かつ簡便に行なえるようになった。さらに,今回新たに開発した「プレートオートローダ」と組み合わせることで,複数枚の培養プレートを登録スケジュールどおりに自動で撮像・計測できるとしている。

その他関連ニュース

  • 豊技大,光触媒AFMプローブで細胞を加工・計測 2020年07月28日
  • 阪大ら,非侵襲にがんを診断する光生研を開発
    阪大ら,非侵襲にがんを診断する光生研を開発 2020年07月27日
  • 東大ら,細胞をの非染色/超高速選抜技術を開発 2020年07月13日
  • 慶大ら,透明化三次元腫瘍を細胞レベルで観察 2020年06月30日
  • 富山県立大,バクテリアにチップを挿入
    富山県立大,バクテリアにチップを挿入 2020年06月18日
  • 順大,オートファジーを可視化するマウスを開発 2020年06月16日
  • 遺伝研ら,鞭毛虫が葉緑体を盗む様子を観察 2020年06月16日
  • 京大ら,粘度を感じる羽ばたく蛍光分子を開発 2020年06月12日