ウシオ,深紫外ランプの先行納入を開始へ

ウシオ電機は,2020年9月からの販売開始を予定している深紫外光源「Care222」ユニットタイプについて,国内医療機関を対象に,8月3日より順次,先行して納入・設置を開始すると発表した(ニュースリリース

この製品は,エキシマランプと特殊な光学バンドパスフィルタを組み合わせ,人に害の無い紫外線波長域(200nm-230nm)のみを照射するもので,新型コロナウィルスの不活化への効果が期待されている。

今回,納入・設置はこれまでに問い合わせを行なっている国内医療機関に優先して販売代理店を通して開始する。新規の国内医療機関への納入・設置については,これまでに問い合わせを行なっている医療機関への設置が完了次第,順次対応するという。

また,医療機関以外の顧客への販売は9月からを予定。医療機関や公共・商業施設,交通機関等への設置を優先するため,現段階では個人向け販売の予定は無いとしている。

その他関連ニュース

  • パナら,密回避の移動を目指す実証実験開始 2020年11月18日
  • NTT,光ファイバによる感染予防技術を開発 2020年11月16日
  • 【光技術フェア】IRS,携帯電話UV除菌装置をデモ 2020年11月11日
  • 徳島大,コロナ不活化に有効な深紫外光量を定量化 2020年11月09日
  • OKIら,ATM非接触パネルの実証実験を開始 2020年10月27日
  • ザイトロニック,非接触タッチセンサーを発表 2020年10月06日
  • ams,ウェアラブル向け血中酸素センサーを発表 2020年10月01日
  • NEC,顔認証+サーマルカメラの実証実験開始 2020年09月29日