【光技術フェア】オフィール,各種IRレンズを展示

光技術展示会「光とレーザーの科学技術フェア」(会期11月11日~13日,於 東京都立産業貿易センター浜松町館)において,オフィールジャパン/スペクトラ・フィジックス(赤外線フェア 5F-55)は,大小様々な赤外線レンズを展示している。

小さなものでは,自動車用ナイトビジョンに実績があるという13.6mm,f/10,固定フォーカスのアサーマルレンズ(温度非依存レンズ)や,同じく固定フォーカスのレンズで,驚異的な低価格ながらゲルマニウム製レンズを使用し,価格と性能を両立したというアサーマルレンズなどを展示する。

中型ではUAVおよびドローン搭載用のモーター駆動式連続ズームレンズを各種展示。その目的から小型軽量化が徹底されており,15~75mmのモータ駆動式連続ズームレンズは,f/1.2を達成しながら重量320g,電力消費量平均値<0.15A(最大3A)を達成している。

大型では新製品となる45-90mm,f/4.0の監視カメラ向けモーター駆動式連続ズームレンズを展示。HDフォーマットとなっている。同社の製品は全てゲルマニウムレンズとなっており,軍事用途でも使用される耐久性を兼ね備える。

その他関連ニュース

  • 【光技術フェア】NTKJ,VR用フレネルレンズを展示 2020年11月11日
  • 【光技術フェア】日進機械,マイクロプラを計測 2020年11月11日
  • 【光技術フェア】豊田産業,可視光分岐装置を展示 2020年11月11日
  • 農工大,焦点距離自在な極薄メタレンズを開発 2020年11月10日
  • ドコモ,超広視野角VRゴーグルでライセンス契約 2020年11月09日
  • 筑波大ら,赤外素子となるバイオマス材料を開発 2020年10月28日
  • 電通大ら,シリコンの高感度赤外線受光素子を開発 2020年09月17日
  • 長寿センターら,赤外線サウナのフレイル効能確認 2020年09月02日