「川下化」か「川下から」か

(既存顧客分析では潜在顧客は分からない)

ドラッガー
ドラッガー

新入社員の頃,先輩諸氏から読んでおくべき色々な参考図書が紹介されました。紹介された中には何冊かのドラッガーの著作がありました。工科系で物性物理専攻であったためもあり,学生時代には読んだことはありませんでした。

著者が優れているのはもちろんですが,翻訳者も優れた方だったのだと思います。初めて接する著作はどれも読み易く,興味を持ち続けながら読めました。なんとなく常識としている事柄について裏切るような主張が多くあり,強い印象を受けたことを覚えています。

ある著作では,某有名デパートが自社顧客についてアンケート調査を行い,来店客の購買行動を分析した事例が紹介された後,そのような調査では,潜在顧客についての情報が得られないので,効果は限定的であると評価されていました。

顧客分析は重要な活動です。それを支持するのではなく,その不十分さを指摘するところに,ドラッガーの視点の広さと独特の姿勢を感じることができました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

会員ログイン
 ログイン状態を保存する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • 独創から群創へ
    独創から群創へ 2017年04月17日
  • 可視化のジレンマ
    可視化のジレンマ 2017年03月31日
  • 誤解なさっているかも知れない,化学企業のマーケティング力
    誤解なさっているかも知れない,化学企業のマーケティング力 2017年03月17日
  • もったいないプレゼンテーション
    もったいないプレゼンテーション 2017年02月28日
  • 調味料としてのノンバーバルコミュニケーション
    調味料としてのノンバーバルコミュニケーション 2017年02月16日
  • 本当のことを言うのが難しい場合
    本当のことを言うのが難しい場合 2017年01月30日
  • 「私は,技術のことは何にも分からないんだよ」
    「私は,技術のことは何にも分からないんだよ」 2017年01月18日
  • コミュニケーションの感情的な側面
    コミュニケーションの感情的な側面 2017年01月05日