コミュニケーションの感情的な側面

(踏み絵のようなギャグ)

consultant_1701_01

ある企業の役員の話です。結構つまらないギャグを頻発します。また,つまらない出来事に妙に感激し皆に紹介します。自分のギャグや自分にとって感激した事象を紹介する場合は,普段は聞かれないような奇妙な笑い声を発します。

その役員の担当業務に関係する人や他の役員は,結構な頻度でその役員の笑い声を聞かされることになります。そのような場面では,その役員に気を使ってそれなりの努力をして笑うように努めることになります。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

会員ログイン
 ログイン状態を保存する  
新規会員登録
*必須項目

その他関連ニュース

  • もったいないプレンゼンテーション
    もったいないプレンゼンテーション 2017年02月28日
  • 調味料としてのノンバーバルコミュニケーション
    調味料としてのノンバーバルコミュニケーション 2017年02月16日
  • 本当のことを言うのが難しい場合
    本当のことを言うのが難しい場合 2017年01月30日
  • 「私は,技術のことは何にも分からないんだよ」
    「私は,技術のことは何にも分からないんだよ」 2017年01月18日
  • 農業のような製造業であることの良し悪し
    農業のような製造業であることの良し悪し 2016年12月15日
  • 「川下化」か「川下から」か
    「川下化」か「川下から」か 2016年12月01日
  • コミュニケーションに関する技術の専門家へのお願い
    コミュニケーションに関する技術の専門家へのお願い 2016年11月21日
  • 技術のパラダイムチェンジ
    技術のパラダイムチェンジ 2016年10月31日