理系についての迷信

(根強い思い込み)

理系と研究者についての迷信
理系と研究者についての迷信

90%の人が文系の組織に所属したことがあります。営業支援を主務とする組織でした。メンバーは社歴が20年,30年のシニアが中心でした。毎週月曜の午前中に行われる連絡会で,文系出身者が理系について迷信を持ち続けていることを感じたことがありました。

「この企業の社長はガチガチの理系で…」といった前置きに,理系出身者は融通が利かないといった感じの報告が続いたことがありました。最初は一つの報告として聞いていましたが,発言者の視線や目つきからすると,私への当てつけのようでもありました。

大学を出て20年,30年経っているのです。専攻した学科についての知識も薄れ,一方,社会に出てからは多くの理系出身者とも付き合いがあったであろうシニアに,結構根強い理系についての思い込みがあることには,なんだか懐かしいような感じも受けました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

会員ログイン
 ログイン状態を保存する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • 理解の共有は価値観の共有から
    理解の共有は価値観の共有から 2017年06月16日
  • 隣近所効果とエスノグラフィー
    隣近所効果とエスノグラフィー 2017年05月30日
  • やってりゃ良かったあのテーマ
    やってりゃ良かったあのテーマ 2017年05月15日
  • 独創から群創へ
    独創から群創へ 2017年04月17日
  • 可視化のジレンマ
    可視化のジレンマ 2017年03月31日
  • 誤解なさっているかも知れない,化学企業のマーケティング力
    誤解なさっているかも知れない,化学企業のマーケティング力 2017年03月17日
  • もったいないプレゼンテーション
    もったいないプレゼンテーション 2017年02月28日
  • 調味料としてのノンバーバルコミュニケーション
    調味料としてのノンバーバルコミュニケーション 2017年02月16日