やってりゃ良かったあのテーマ

(昔は光造形,今は3Dプリンタ)

最近3Dプリンティングと呼ばれている技術は,以前,光造形と呼ばれていました。アイデアは,多分,日本発だと思います。材料や光源技術も未熟でしたし,形状に関するデータ処理技術も不十分でした。大きな可能性と同時に大きな開発余地が残されていました。

3Dプリンティングの対象となる材料は,光造形の時代は光硬化樹脂のみでした。現在は金属でも対象とすることができます。このような進歩に関連して,材料側の開発も進められましたが,光源についても種々の開発が行われました。

作成される対象のサイズも広がりました。住宅を作成したといった話もありますし,2光子吸収を使った微細な加工例もあります。最近は介護食を3Dプリンタで作成するといった話題もありました。

今さらですが,3Dプリンティングのアイデアを,基礎的な段階から衆知を合わせて開発を進めたなら,ものづくり日本を支える,日本発の重要な産業技術へと成長させることができたのではないかと思います。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

会員ログイン
 ログイン状態を保存する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • 理系についての迷信
    理系についての迷信 2017年05月02日
  • 独創から群創へ
    独創から群創へ 2017年04月17日
  • 可視化のジレンマ
    可視化のジレンマ 2017年03月31日
  • 誤解なさっているかも知れない,化学企業のマーケティング力
    誤解なさっているかも知れない,化学企業のマーケティング力 2017年03月17日
  • もったいないプレゼンテーション
    もったいないプレゼンテーション 2017年02月28日
  • 調味料としてのノンバーバルコミュニケーション
    調味料としてのノンバーバルコミュニケーション 2017年02月16日
  • 本当のことを言うのが難しい場合
    本当のことを言うのが難しい場合 2017年01月30日
  • 「私は,技術のことは何にも分からないんだよ」
    「私は,技術のことは何にも分からないんだよ」 2017年01月18日