理解の共有は価値観の共有から

(所変われば品変わる)

日本では受ける商品でも海外では受けないことがあります。逆もあります。日本の国内でも地域差から同じようなことはあります。

所変われば品変わるで,特に思い出深いのが,羽まで赤い扇風機です。もちろん本体も真っ赤です。この商品を見たときは「暑っ苦しい扇風機だな」と感じました。見たのはクェートの電気店でした。

もちろんこんな商品が売られているのには理由があります。クェートには,赤が好きな遊牧民が多く住んでいることがその理由です。遊牧人向けには,日本人が涼しいと感じるような色合いの扇風機より赤い扇風機を売るべきなのです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • やはり数は力です
    やはり数は力です 池澤 直樹 2018年05月15日
  • 限界工学
    限界工学 池澤 直樹 2018年05月01日
  • AIにより生み出される新しい仕事
    AIにより生み出される新しい仕事 池澤 直樹 2018年04月18日
  • トンネル効果的なコミュニケーションの問題点
    トンネル効果的なコミュニケーションの問題点 池澤 直樹 2018年03月30日
  • 100円ショップの微小光学
    100円ショップの微小光学 池澤 直樹 2018年03月20日
  • おもてなしの経済
    おもてなしの経済 池澤 直樹 2018年02月28日
  • こだわりを捨てて速度を上げて良いんでしょうか?
    こだわりを捨てて速度を上げて良いんでしょうか? 池澤 直樹 2018年02月16日
  • 縄張りと琴線
    縄張りと琴線 池澤 直樹 2018年01月31日