理解の共有は価値観の共有から

(所変われば品変わる)

日本では受ける商品でも海外では受けないことがあります。逆もあります。日本の国内でも地域差から同じようなことはあります。

所変われば品変わるで,特に思い出深いのが,羽まで赤い扇風機です。もちろん本体も真っ赤です。この商品を見たときは「暑っ苦しい扇風機だな」と感じました。見たのはクェートの電気店でした。

もちろんこんな商品が売られているのには理由があります。クェートには,赤が好きな遊牧民が多く住んでいることがその理由です。遊牧人向けには,日本人が涼しいと感じるような色合いの扇風機より赤い扇風機を売るべきなのです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

会員ログイン
 ログイン状態を保存する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • 隣近所効果とエスノグラフィー
    隣近所効果とエスノグラフィー 2017年05月30日
  • やってりゃ良かったあのテーマ
    やってりゃ良かったあのテーマ 2017年05月15日
  • 理系についての迷信
    理系についての迷信 2017年05月02日
  • 独創から群創へ
    独創から群創へ 2017年04月17日
  • 可視化のジレンマ
    可視化のジレンマ 2017年03月31日
  • 誤解なさっているかも知れない,化学企業のマーケティング力
    誤解なさっているかも知れない,化学企業のマーケティング力 2017年03月17日
  • もったいないプレゼンテーション
    もったいないプレゼンテーション 2017年02月28日
  • 調味料としてのノンバーバルコミュニケーション
    調味料としてのノンバーバルコミュニケーション 2017年02月16日