やはり、目指すのは一位でないと

(社会のアモルファス化)

将来社会について議論していた時,「社会がアモルファス化する」と表現した同僚がいました。私は,「文系は科学用語をいい加減に使うことが多いけど,今も…」と話しはじめ,反論を述べました。

しかし,反論の内容より,「文系は…」という言葉が問題とされ,多勢に無勢,寄って集ってやっつけられました。いろいろなグループが出現し,相互関係が多様になるような状況をアモルファス化と表現するのはやはり間違いだと思うのですが。

(非のついた用語)

アモルファスは日本語では非晶質です。結晶のような形態の規則性,周期性がないという意味で,分かり易い言葉です。準結晶という言葉もありますので,本当はそう単純ではありませんが,基本的には,結晶でなければ非晶質といった解釈も可能です。

しかし,「非」を付けた用語は,その意味する範囲が曖昧で,分かり難いこともあります。一般的には,「○○でない」の○○が明確に定義されていないと,それを否定して定義された「非○○」も分かり難いことになります。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • コンサルタントのデータベース
    コンサルタントのデータベース 池澤 直樹 2017年09月21日
  • インタビューの系統図
    インタビューの系統図 池澤 直樹 2017年09月06日
  • 緊張する第一回ミーティングに向けて
    緊張する第一回ミーティングに向けて 池澤 直樹 2017年08月10日
  • 「シーズプッシュ」のすすめ
    「シーズプッシュ」のすすめ 池澤 直樹 2017年07月19日
  • Must, Can, Will
    Must, Can, Will 池澤 直樹 2017年06月30日
  • 理解の共有は価値観の共有から
    理解の共有は価値観の共有から 池澤 直樹 2017年06月16日
  • 隣近所効果とエスノグラフィー
    隣近所効果とエスノグラフィー 2017年05月30日
  • やってりゃ良かったあのテーマ
    やってりゃ良かったあのテーマ 池澤 直樹 2017年05月15日