インタビューの系統図

(会議の場の条件)

民間版公聴会のようなことを何度かやったことがあります。ある時,あまり面白い見解が得られなかったことがあります。お役所の委員会のように,あらかじめストーリーとか結論が用意されている上での議論のような感じの会議でした。

そのことを先輩に話をしたところ,机で作った輪が広すぎたのではないかと言われました。その方の弁によると,机で輪を作った場合,机で囲む面積に反比例して意見が少なるそうです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 得手(な技術)に帆を揚げる
    得手(な技術)に帆を揚げる 池澤 直樹 2018年06月19日
  • スマホ時代のアトム世代の夢
    スマホ時代のアトム世代の夢 池澤 直樹 2018年05月31日
  • やはり数は力です
    やはり数は力です 池澤 直樹 2018年05月15日
  • 限界工学
    限界工学 池澤 直樹 2018年05月01日
  • AIにより生み出される新しい仕事
    AIにより生み出される新しい仕事 池澤 直樹 2018年04月18日
  • トンネル効果的なコミュニケーションの問題点
    トンネル効果的なコミュニケーションの問題点 池澤 直樹 2018年03月30日
  • 100円ショップの微小光学
    100円ショップの微小光学 池澤 直樹 2018年03月20日
  • おもてなしの経済
    おもてなしの経済 池澤 直樹 2018年02月28日