事業創造でもやはり,大学への期待は大きいです

(川の流れは上流から変える)

企業の体質改善を進めていたお客様から聞いたお話です。体質改善は,上流である研究所の改革から進めるべきだという説です。そう単純に決めつけられないとは思いますが,一面当たっているところもあると思いました。

事業活動の最上流の研究所で開発された技術や製品が,中流で製造され,下流で販売されるといったイメージでのお話です。このように考えれば,最も川下の河口側から流れを変えるより,最上流で変える方が容易ということになります。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • スマホ時代のアトム世代の夢
    スマホ時代のアトム世代の夢 池澤 直樹 2018年05月31日
  • やはり数は力です
    やはり数は力です 池澤 直樹 2018年05月15日
  • 限界工学
    限界工学 池澤 直樹 2018年05月01日
  • AIにより生み出される新しい仕事
    AIにより生み出される新しい仕事 池澤 直樹 2018年04月18日
  • トンネル効果的なコミュニケーションの問題点
    トンネル効果的なコミュニケーションの問題点 池澤 直樹 2018年03月30日
  • 100円ショップの微小光学
    100円ショップの微小光学 池澤 直樹 2018年03月20日
  • おもてなしの経済
    おもてなしの経済 池澤 直樹 2018年02月28日
  • こだわりを捨てて速度を上げて良いんでしょうか?
    こだわりを捨てて速度を上げて良いんでしょうか? 池澤 直樹 2018年02月16日