縄張りと琴線

(グルメのコンサルタント)

地方自治体を主な顧客としてコンサルティングを行っていた先輩がいました。この方は,日本全国についての多様な経験と知識が豊富で,色々なことを教えて頂きました。そして,今でいうグルメでもありました。

一緒に出張したときなど,豊富な知識を披歴されていました。食に関連しては,地域別食品別で整理された経験と知識があり,「コンサルタントのグルメ旅」といった本でも出されたら良いのにと思っていました。

技術関連のプロジェクトが主な仕事だった私は,出張先も限られていました。しかし,上記の先輩から地方自治体の産業政策に関するプロジェクトに参加させて頂いた時には,それまで食べたことのないものを食べ,飲んだことのないものを飲むことができました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • オプトエレクトロニクスの萌え
    オプトエレクトロニクスの萌え 池澤 直樹 2019年01月17日
  • 「似て非なる」の逆の話
    「似て非なる」の逆の話 池澤 直樹 2019年01月07日
  • やっぱり可視光でしょう 2018年12月18日
  • 技術のしりとり 2018年11月30日
  • 推敲もAIに
    推敲もAIに 2018年11月16日
  • 技術社会学もあって良いのではないでしょうか
    技術社会学もあって良いのではないでしょうか 池澤 直樹 2018年11月01日
  • 知のマーケティングはエンジニアリング的ということについて
    知のマーケティングはエンジニアリング的ということについて 池澤 直樹 2018年10月16日
  • ニーズをシーズに変える大学の知力 池澤 直樹 2018年10月01日