おもてなしの経済

(初めての回転ずしで驚いたこと)

古い話ですが,珍しいすし屋さんだなといった思いで初めて入った回転ずしには驚きました。当然ですが,先ず,寿司が回っていることに驚かされました。皿の模様で価格が決まっていることの説明や,「ビールは2本まで」と書かれた張り紙にも驚きました。

客に提供されるのは寿司ですので,回転ずし屋もすし屋です。しかし,その提供の仕方は元来のすし屋とは大きく変わりました。すし屋という業種はそのままで,寿司の売り方である業態が変わったわけです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 技術のしりとり 2018年11月30日
  • 推敲もAIに
    推敲もAIに 2018年11月16日
  • 技術社会学もあって良いのではないでしょうか
    技術社会学もあって良いのではないでしょうか 2018年11月01日
  • 知のマーケティングはエンジニアリング的ということについて
    知のマーケティングはエンジニアリング的ということについて 池澤 直樹 2018年10月16日
  • ニーズをシーズに変える大学の知力 池澤 直樹 2018年10月01日
  • 納得される価格
    納得される価格 池澤 直樹 2018年09月18日
  • 知識の増加で弱まる隣近所効果
    知識の増加で弱まる隣近所効果 池澤 直樹 2018年09月03日
  • 取りつく島になる感謝状
    取りつく島になる感謝状 池澤 直樹 2018年08月20日