AIにより生み出される新しい仕事

(最初はパーセプトロン)

AIブームです。いろいろなメディアでAIの話題に出会います。ところで,現在のブームは何度目かのブームです。ブームの数え方や呼び方はいろいろあると思いますが,個人的には3回目位です。

最初のブームは「パーセプトロン」でした。単純な素子の組み合わせで知能が実現される提案でした。ニューラルネットという言葉もよく使われていました。小脳の構造がパーセプトロンとなっているといった研究報告もありました。

もちろんそれ以前から知能を技術的に実現しようとする試みはありました。しかし,非専門家も巻き込むブームとなり,一般的なメディアに取り上げられた事例としては,パーセプトロンが最初のブームといえるのではないでしょうか。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • やっぱり可視光でしょう 2018年12月18日
  • 技術のしりとり 2018年11月30日
  • 推敲もAIに
    推敲もAIに 2018年11月16日
  • 技術社会学もあって良いのではないでしょうか
    技術社会学もあって良いのではないでしょうか 2018年11月01日
  • 知のマーケティングはエンジニアリング的ということについて
    知のマーケティングはエンジニアリング的ということについて 池澤 直樹 2018年10月16日
  • ニーズをシーズに変える大学の知力 池澤 直樹 2018年10月01日
  • 納得される価格
    納得される価格 池澤 直樹 2018年09月18日
  • 知識の増加で弱まる隣近所効果
    知識の増加で弱まる隣近所効果 池澤 直樹 2018年09月03日