限界工学

(技術評価での限界評価)

お客様から,限界工学という題名の論文をご紹介頂いたことがあります。その少し前に,新製品開発についてのミーティングをしたことに関連してのご紹介でした。大変に慎重な姿勢で,かつ,可能な限り定量的に技術の将来性を評価される方からのご紹介でした。

論文の中心課題は,その時のミーティングにも深く関係する半導体技術,特に材料技術についてでした。本論に先立って,限界を追求する考え方の例示として上げられていた事例が面白かったことを覚えています。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • やっぱり可視光でしょう 2018年12月18日
  • 技術のしりとり 2018年11月30日
  • 推敲もAIに
    推敲もAIに 2018年11月16日
  • 技術社会学もあって良いのではないでしょうか
    技術社会学もあって良いのではないでしょうか 2018年11月01日
  • 知のマーケティングはエンジニアリング的ということについて
    知のマーケティングはエンジニアリング的ということについて 池澤 直樹 2018年10月16日
  • ニーズをシーズに変える大学の知力 池澤 直樹 2018年10月01日
  • 納得される価格
    納得される価格 池澤 直樹 2018年09月18日
  • 知識の増加で弱まる隣近所効果
    知識の増加で弱まる隣近所効果 池澤 直樹 2018年09月03日