得手(な技術)に帆を揚げる

(プロレス)

子供の頃,まだあの有名な力道山は存命でした。力道山といえば空手チョップです。テレビ放送を見ている時,なかなか空手チョップが出ないとイライラするくらい,力道山の代名詞でした。

その頃のプロレスラーには,代名詞となるような技のあることが一般的だったような気がします。そして,その技だけを繰り返します。多彩な技をたくさん繰り出すのではなく,そのレスラーの代名詞となっているお決まりの得意技だけを繰り返します。

何度も技をくらっているので,相手も避け方は分かっているはずです。しかし,代名詞となっているような技がでると,調子よく決まるので,技を掛けられる側も協力しているのではないかと感じたことを覚えています。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 景観のチューリングテスト
    景観のチューリングテスト 池澤 直樹 2019年02月18日
  • 光ロボットは「いる」,「ある」
    光ロボットは「いる」,「ある」 池澤 直樹 2019年02月01日
  • オプトエレクトロニクスの萌え
    オプトエレクトロニクスの萌え 池澤 直樹 2019年01月17日
  • 「似て非なる」の逆の話
    「似て非なる」の逆の話 池澤 直樹 2019年01月07日
  • やっぱり可視光でしょう 2018年12月18日
  • 技術のしりとり 2018年11月30日
  • 推敲もAIに
    推敲もAIに 2018年11月16日
  • 技術社会学もあって良いのではないでしょうか
    技術社会学もあって良いのではないでしょうか 池澤 直樹 2018年11月01日