ニーズをシーズに変える大学の知力

(活発な産学協同)

産学協同が盛んです。昔,強く反対された歴史があったことなど信じられません。というより,若い方々はそんな時代があったことなどはご存じなくて当たり前だと思います。しかし,そんな時代もありました。

反対の背景にあった一つの主張が,研究者の自由が侵されるということでした。産業のニーズを研究の動機とするのは問題であるという見解でした。戦時中の軍事研究に対する経験や記憶が背景にあったようです。

(頼もしい主張)

個人的な印象ですが,最近の大学の若手研究者からは,産業界を強く意識した発言を聞くことが多くなった気がしています。ご自身の研究成果になるはずはないのに,自発的に市場調査を遂行されている方にもお会いしたことがあります。

高度な理論を難しそうに話される若い研究者にも妙な魅力を感じますが,社会貢献と市場の獲得を力強く語る若手の研究者には大変な魅力を感じます。「こんな部下がいてくれたなら」といった思いがわいてきたりします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • オプトロニクスの遺伝子
    オプトロニクスの遺伝子 2019年03月18日
  • 若い人に訊かれました
    若い人に訊かれました 池澤 直樹 2019年03月01日
  • 景観のチューリングテスト
    景観のチューリングテスト 池澤 直樹 2019年02月18日
  • 光ロボットは「いる」,「ある」
    光ロボットは「いる」,「ある」 池澤 直樹 2019年02月01日
  • オプトエレクトロニクスの萌え
    オプトエレクトロニクスの萌え 池澤 直樹 2019年01月17日
  • 「似て非なる」の逆の話
    「似て非なる」の逆の話 池澤 直樹 2019年01月07日
  • やっぱり可視光でしょう 2018年12月18日
  • 技術のしりとり 2018年11月30日