光ロボットは「いる」,「ある」

(日本語の特徴)

「ある」と「いる」をしっかり区別するのは,日本語の特徴の一つだそうです。素人なので,日本語学的に厳密にいうとどうかは分かりません。で,素人なりに考えてみると,モノには「ある」を使い,イキモノには「いる」を使うようです。

普通の言葉遣いでは,猫の置物は「ある」,飼っている本物の猫は「いる」です。これを逆にすると,それはそれで一種文章上の効果が生まれるような気がしますが,一般的な言葉使いではありません。

(動物と植物)

植物と動物はどちらもイキモノですが,桜の木は「ある」でグッピーは「いる」という区別がされているように思います。桜の木も,「桜の木が生えている」というように,「生えて」が加わると表現が変わりますが,そうでなければ「ある」が使われるようです。

ヒトデもアサリも「いる」だと思いますが,松茸やシイタケは「ある」です。モノとイキモノの区別だけでなく,動物と植物や菌類の区別もあるようです。つまり,目に見えて動くイキモノは「いる」で,そうでない場合はイキモノでも「ある」です。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

連載の新着記事

  • 見えない脅威を光で暴き出す! 乱気流を捉えるドップラーライダーとその開発 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 井之口 浜木 2019年04月19日
  • 高輝度レーザーパルスを作り出すレーザー圧縮 2019年04月19日
  • なんとなく楽観的に思えてしまうこと
    なんとなく楽観的に思えてしまうこと 池澤 直樹 2019年04月16日
  • 反射板による反射 ㈱オプト・イーカレッジ 河合 滋 2019年04月05日
  • バンドギャップ(BG)制御されたグラファイト状窒化炭素の新規合成法の開拓~BG=2.7–0 eVの自在制御への挑戦~ 山形大学 石﨑 学,栗原正人 2019年04月05日
  • 光学多層膜⑵ 波多腰玄一 2019年04月03日
  • 評価でフィードバックができる人
    評価でフィードバックができる人 池澤 直樹 2019年04月01日
  • 鼻血の話
    鼻血の話 月谷昌之介 2019年03月28日