景観のチューリングテスト

(チューリングテスト)

AIブームの中でよく耳にする人の名にアラン・チューリングがあります。人工知能の父とも呼ばれる人です。また,ドイツ軍の暗号であるエニグマを解読したことでも知られています。特に,計算をチューリングマシンとして定式化した業績は有名です。

このチューリングが提案したのがチューリングテストと呼ばれるテストです。人が,人工知能と人間の知性を比べるテストです。このテストで人間と間違われると,テストされた知能システムは人間並みの人工知能ということになります。人がだまされたわけです。

いろいろなテストの方法があるようですが,一般的には,衝立を挟んで対象が見えない状態で,テスト対象のシステムと人間へ話しかけ会話をします。会話から得られた印象で,どちらが人間かを決めます。声色など分からないように,会話はキーボード等で行われます。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 三方一両損 2020年05月18日
  • メタボとイノベーション 2020年04月30日
  • 評価のパラドックス 2020年04月16日
  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日