オプトロニクスの遺伝子

(よく使われる専門用語)

正式な科学用語でも,一般的な会話でよく使われる例があります。ブラックホールなどと並んで代表格なのが遺伝子ではないでしょうか。「この経営理念を遺伝子として…」とか「創業者の想いが遺伝子となって…」とか耳にすることがあります。

「遺伝子」は専門用語です。それが,「生物は,遺伝子の乗り物である」という,逆転の発想というか遺伝子至上主義のような生物学者の発言があり,これが論争を引きおこし,以降「遺伝子」は,日常的な会話でも広く使われるようになった気がしています。

(技術のモデルとしての遺伝子)

上記で,「遺伝子」を「技術」に変えてもじりますと,「製品は技術の乗り物である」になります。もちろんそんなことはありません。大事なのは製品として実現される機能です。しかし,遺伝子を技術に読み替えた一つのモデルにはなります。「技術子」モデルです。

たとえ話です。米国に出現したテレビの技術子(遺伝子)は,日本で液晶の技術子と結合して液晶テレビを実現し,有機ELテレビの祖先になったという解釈です。一方米国では,テレビの技術子は有線通信の技術子と結合してCATVとなったというわけです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 技術の話が受けない理由
    技術の話が受けない理由 2020年07月31日
  • 目を良くするディスプレイ
    目を良くするディスプレイ 2020年07月15日
  • 操作で進める理解の共有
    操作で進める理解の共有 2020年07月01日
  • 技能立国と新現実 2020年06月16日
  • 座高計測終了 2020年06月10日
  • 三方一両損 2020年05月18日
  • メタボとイノベーション 2020年04月30日
  • 評価のパラドックス 2020年04月16日