オプトエレクトロニクスは社会の眼

(カンブリア紀の大爆発)

オプト関係者のミーティング後のパーティーで,「ジュラ紀よりカンブリア紀ですよ」と言われたことがあります。発端はジュラシックパークという映画の話題で,その映画で扱われているジュラ紀より,カンブリア紀の方が面白いということでした。

この話は,そもそも映画とは無関係に有名な話です。生物はじわじわと進化するといった元来の進化論で持たれていた思い込みと矛盾する,生物の多様性の爆発的な増加現象として捉えられていたのがカンブリア紀での出来事です。

(「眼」の出現)

その時の話の中心が,多様性の爆発の原因は「眼」の発生であるということでした。オプト関係者からの話題提供です。眼の重要性を主張したかったのだと思います。当方は素人ですが,「眼」の発生が多様性の背景にあったという説は正しいような気がしました。

ご説明下さった方お二人は,生物の専門家ではありませんが「眼」にはそれなりの知識のある方々で,酒の勢いもあり不正確なところもあったでしょうが,大変に面白いお話でした。ちなみに,多様性の爆発の原因として眼の発生を重視する見解も著名な説らしいです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 三方一両損 2020年05月18日
  • メタボとイノベーション 2020年04月30日
  • 評価のパラドックス 2020年04月16日
  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日