ファシリテーターよりまとめ屋です

(アイデアプロモーターの仲間です)

開発活動に関連する人材を,特徴的な機能に注目して,アイデアジェネレーター,アイデアキラー,アイデアプロモーターと分類することがあります。このモデルによると,アイデアキラーが強い企業や産業そして国では,独創的な成果が得られ難いことになります。

一般的な会議や会合についてもいくつかの配役があります。この内,アイデアプロモーターに対応するのが,以下でまとめ屋さんと呼んでいる人材です。会議に一人はいて欲しい人材です。

(先ず人の意見を聞く)

この手の方で先ず目立つ点は,自分の見解の主張にはこだわらないということです。そして他の発言への論評は控えます。ブレーンストーミングでのルールの順守です。変におだてるようなことはしませんが,とにかく批判は控えます。

また要約が上手です。参加者が理解し易いように,発言された内容とそれに対するやり取りを要約します。上手な要約なのでくどくはありません。発言内容の単なる繰り返しなどはありません。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 操作で進める理解の共有
    操作で進める理解の共有 2020年07月01日
  • 技能立国と新現実 2020年06月16日
  • 座高計測終了 2020年06月10日
  • 三方一両損 2020年05月18日
  • メタボとイノベーション 2020年04月30日
  • 評価のパラドックス 2020年04月16日
  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日