表面プラズモン共鳴励起を利用したセンサー・デバイス応用

1. はじめに

wakate_1601_07

表面プラズモン共鳴励起測定法は,金属薄膜/誘電体界面の光学情報を高感度に得ることのできる測定法である1)。そして,電気化学装置と組み合わせた表面プラズモン共鳴法の場合,表面プラズモン励起のために利用される金属薄膜が,同時に電気化学での作用電極としても用いることができるため,金属薄膜表面の光学情報と電気化学情報を同時に得ることができる2〜4)。このような電気化学と組み合わせた表面プラズモン共鳴法は,導電性高分子を媒介としたセンシングにおいては,光と電気化学信号の両方を高感度に検出できる非常に有効な測定法でもある5〜10)

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • ポリマー光ファイバーで挑戦する民間の防災 —有機材料の利点を生かして—
    ポリマー光ファイバーで挑戦する民間の防災 —有機材料の利点を生かして— 電気通信大学 古川 怜 2018年01月16日
  • ヘテロコア光ファイバが埋め込まれた柔軟素材を用いた生体情報センシング
    ヘテロコア光ファイバが埋め込まれた柔軟素材を用いた生体情報センシング 創価大学 小山勇也,西山道子,渡辺一弘 2017年12月11日
  • 塗布型有機無機ハイブリッドペロブスカイト太陽電池の研究
    塗布型有機無機ハイブリッドペロブスカイト太陽電池の研究 埼玉大学 石川 良 2017年11月01日
  • シリコンを材料に用いた赤外光検出器
    シリコンを材料に用いた赤外光検出器 電気通信大学 菅 哲朗 一般財団法人マイクロマシンセンター 安食嘉晴 2017年10月04日
  • ナノ精度コピーによる超高精度ミラーの量産化
    ナノ精度コピーによる超高精度ミラーの量産化 東京大学 三村秀和 2017年09月08日
  • 光検出磁気共鳴法を用いたワイドギャップパワーデバイスの量子センシング
    光検出磁気共鳴法を用いたワイドギャップパワーデバイスの量子センシング 東京工業大学 岩崎孝之,成木 航,田原康佐,波多野睦子 産業技術総合研究所 牧野俊晴,加藤宙光,小倉政彦,竹内大輔,山崎 聡 2017年08月07日
  • 2次元複屈折分布の高速・高解像イメージング技術
    2次元複屈折分布の高速・高解像イメージング技術 同志社大学 小川拓真,高橋直暉,中島亮平,江本顕雄 国立研究開発法人産業技術総合研究所 福田隆史 2017年07月11日
  • ジョーンズベクトルで記述できる全ての偏光・位相を生成する液晶空間光変調器
    ジョーンズベクトルで記述できる全ての偏光・位相を生成する液晶空間光変調器 兵庫県立大学 吉木啓介 2017年05月16日