希土類添加窒化物半導体による赤色発光素子の開発

1. はじめに

wakate_1603_06

希土類イオンは特定の波長域において効率よく光増幅が可能なことから固体レーザやカラーディスプレイ用蛍光体,光ファイバ増幅器などへと広く応用され,光エレクトロニクスの発展を支えてきた。希土類イオンによる発光は母材の種類に依存せず,各元素固有の発光波長でシャープな発光を示し,その発光波長は環境温度の影響を受けにくいといった特徴を有する。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

会員ログイン
 ログイン状態を保存する  
新規会員登録
*必須項目

その他関連ニュース

  • シングルピクセルイメージング</br> 〜単一画素計測による画像取得〜
    シングルピクセルイメージング
    〜単一画素計測による画像取得〜
    2017年04月03日
  • 有機薄膜光集積回路
    有機薄膜光集積回路 2017年03月08日
  • 自己組織化InAs量子ドットを用いた近赤外広帯域光源</br> ─高分解能光コヒーレンストモグラフィーへの応用─
    自己組織化InAs量子ドットを用いた近赤外広帯域光源
    ─高分解能光コヒーレンストモグラフィーへの応用─
    2017年02月03日
  • 力学特性のマイクロ断層可視化(多機能OCT)
    力学特性のマイクロ断層可視化(多機能OCT) 2017年01月06日
  • 単色波長可変THz波光源で明らかにする半導体キャリア特性
    単色波長可変THz波光源で明らかにする半導体キャリア特性 2016年12月12日
  • 真空紫外光による光加工技術の新展開
    真空紫外光による光加工技術の新展開 2016年10月12日
  • プラズモニックメソグレーティングの作製</br> ~波長より1桁小さなものづくり
    プラズモニックメソグレーティングの作製
    ~波長より1桁小さなものづくり
    2016年08月17日
  • カルコゲン化合物を用いた中赤外波長可変コヒーレント光源
    カルコゲン化合物を用いた中赤外波長可変コヒーレント光源 2016年05月27日