フレネル型構造を用いた液晶光偏向素子

1. はじめに

wakate_1605_05

液晶の屈折率異方性を応用して,入射光の波面を制御する液晶レンズや液晶偏向素子は,電圧の印加によってそのパラメータや極性を制御できるため,新しい光学デバイスとしての応用が期待されている1〜9)。一例として,液晶レンズを応用した可動部分を用いない焦点制御機構は,一部のスマートフォン向けのカメラに実用化されている10)

しかしながら,より広い用途において従来の機械的なアクチュエータの代替とするためには,さらなる性能の向上が必要である。例えば,液晶偏向素子をスマホ用小型カメラの手振れ補正に応用しようとした場合,従来に比較して,約3倍の偏向角度が必要になる11)

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

会員ログイン
 ログイン状態を保存する  
新規会員登録
*必須項目

その他関連ニュース

  • 自己組織化InAs量子ドットを用いた近赤外広帯域光源</br> ─高分解能光コヒーレンストモグラフィーへの応用─
    自己組織化InAs量子ドットを用いた近赤外広帯域光源
    ─高分解能光コヒーレンストモグラフィーへの応用─
    2017年02月03日
  • 力学特性のマイクロ断層可視化(多機能OCT)
    力学特性のマイクロ断層可視化(多機能OCT) 2017年01月06日
  • 単色波長可変THz波光源で明らかにする半導体キャリア特性
    単色波長可変THz波光源で明らかにする半導体キャリア特性 2016年12月12日
  • 真空紫外光による光加工技術の新展開
    真空紫外光による光加工技術の新展開 2016年10月12日
  • プラズモニックメソグレーティングの作製</br> ~波長より1桁小さなものづくり
    プラズモニックメソグレーティングの作製
    ~波長より1桁小さなものづくり
    2016年08月17日
  • カルコゲン化合物を用いた中赤外波長可変コヒーレント光源
    カルコゲン化合物を用いた中赤外波長可変コヒーレント光源 2016年05月27日
  • 量子光コヒーレンストモグラフィ ─量子もつれ光による超高分解能光計測の実現に向けて
    量子光コヒーレンストモグラフィ ─量子もつれ光による超高分解能光計測の実現に向けて 2016年04月05日
  • 希土類添加窒化物半導体による赤色発光素子の開発
    希土類添加窒化物半導体による赤色発光素子の開発 2016年03月15日