カルコゲン化合物を用いた中赤外波長可変コヒーレント光源

1. はじめに

wakate_1606_09

光は波長領域は,その波長の長さによって紫外領域,可視領域,赤外領域に大きく分けられる。赤外領域は,波長の短い領域から近赤外,中赤外,遠赤外領域と細分化されており,中でも中赤外領域(2〜15μm)は,分子の固有の吸収スペクトル(指紋スペクトル)が数多く存在することから,“分子の指紋領域”とも呼ばれる。

現在,この分子の指紋領域で波長が変えられる中赤外波長可変コヒーレント光源を利用して,環境リモートセンシング,光治療,レーザー加工等の先進的な応用研究が進められている1〜5)。また,今もなお中赤外領域における波長可変光源のさらなる発展が期待されている。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

会員ログイン
 ログイン状態を保存する  
新規会員登録
*必須項目

その他関連ニュース

  • 力学特性のマイクロ断層可視化(多機能OCT)
    力学特性のマイクロ断層可視化(多機能OCT) 2017年01月06日
  • 単色波長可変THz波光源で明らかにする半導体キャリア特性
    単色波長可変THz波光源で明らかにする半導体キャリア特性 2016年12月12日
  • 真空紫外光による光加工技術の新展開
    真空紫外光による光加工技術の新展開 2016年10月12日
  • プラズモニックメソグレーティングの作製</br> ~波長より1桁小さなものづくり
    プラズモニックメソグレーティングの作製
    ~波長より1桁小さなものづくり
    2016年08月17日
  • フレネル型構造を用いた液晶光偏向素子
    フレネル型構造を用いた液晶光偏向素子 2016年05月09日
  • 量子光コヒーレンストモグラフィ ─量子もつれ光による超高分解能光計測の実現に向けて
    量子光コヒーレンストモグラフィ ─量子もつれ光による超高分解能光計測の実現に向けて 2016年04月05日
  • 希土類添加窒化物半導体による赤色発光素子の開発
    希土類添加窒化物半導体による赤色発光素子の開発 2016年03月15日
  • 広視野レーザ顕微鏡によるナノ表面形状計測技術
    広視野レーザ顕微鏡によるナノ表面形状計測技術 2016年02月04日