自己組織化InAs量子ドットを用いた近赤外広帯域光源
─高分解能光コヒーレンストモグラフィーへの応用─

1. はじめに

wakate_1702_08

近赤外光(波長約0.7〜2 μm)は,生体への非侵襲性,高透過性を活かして医療・生体イメージング用のプローブ光としての利用が進んでいる。特に波長0.7~1.3 μm程度の領域は,生体に多く含まれるヘモグロビンと水による光吸収が少なく透過性が高いことから「生体の窓」と呼ばれ,医療・生体イメージングに有用な波長帯と考えられている1)。光コヒーレンストモグラフィ(OCT)は,この近赤外光プローブを用いた断層イメージング技術として知られる。

1990年代初頭に原理提唱2)されてから僅か数年の間に眼科臨床応用がなされ,現在は循環器や消化器といった様々な部位への展開が進められている。X線CTやMRIに比べ,侵襲性が低く,装置の小型,軽量化が可能であることや,光情報通信分野で熟成された光デバイス技術の転用が可能であるため,急速な発展と拡がりを見せている。OCTはマイケルソン干渉計を基本構成とし,光源に広帯域(低コヒーレンス)光を用いた低コヒーレンス干渉法によってサンプル内部の非破壊・非侵襲な断層画像取得を可能にする。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 光コムを用いた精密計測と顕微イメージングへの応用
    光コムを用いた精密計測と顕微イメージングへの応用 徳島大学 南川丈夫 2018年06月04日
  • 白色パルス光源の強度雑音キャンセル法の開発と誘導ラマン分光イメージングへの応用
    白色パルス光源の強度雑音キャンセル法の開発と誘導ラマン分光イメージングへの応用 東京理科大学 瀬戸啓介 2018年05月01日
  • 自己光混合法を用いたナノ物性測定装置
    自己光混合法を用いたナノ物性測定装置 東京都市大学 須藤誠一 元東海大学 大塚建樹 2018年04月09日
  • 製造現場での高分解能観察のための構造化照明顕微鏡
    製造現場での高分解能観察のための構造化照明顕微鏡 静岡大学 臼杵 深 2018年03月13日
  • 光を使ったナノ炭素材料の分散制御技術
    光を使ったナノ炭素材料の分散制御技術 国立研究開発法人産業技術総合研究所 神徳啓邦 2018年02月08日
  • ポリマー光ファイバーで挑戦する民間の防災 —有機材料の利点を生かして—
    ポリマー光ファイバーで挑戦する民間の防災 —有機材料の利点を生かして— 電気通信大学 古川 怜 2018年01月16日
  • ヘテロコア光ファイバが埋め込まれた柔軟素材を用いた生体情報センシング
    ヘテロコア光ファイバが埋め込まれた柔軟素材を用いた生体情報センシング 創価大学 小山勇也,西山道子,渡辺一弘 2017年12月11日
  • 塗布型有機無機ハイブリッドペロブスカイト太陽電池の研究
    塗布型有機無機ハイブリッドペロブスカイト太陽電池の研究 埼玉大学 石川 良 2017年11月01日