ジョーンズベクトルで記述できる全ての偏光・位相を生成する液晶空間光変調器

月刊誌掲載文を一部修正しております。

1. 概要

我々はビームの偏光,および位相の分布を自由に制御することが出来る偏光変換素子として,液晶を用いた光学デバイスを開発してきた。本液晶デバイスは,ジョーンズ記法で表現できる全ての偏光・位相状態を生成でき,さらに,液晶デバイスの製作精度や駆動回路の性能が許す範囲の精細さで,任意の偏光を任意の分布で形成することができる。

本装置は,従来技術に見られる直線偏光をベースとした軸対称偏光のみならず,楕円偏光を含めたより自由度の高い偏光状態を生成出来る点に特徴があり,偏光補償技術,及び,フォーカスエンジニアリングの今後の発展に対応できる唯一の小型デバイスであると言える。本稿では,偏光モード変換器(Polarization mode converter: PMC)と名付けた本素子の原理,及び我々が行ってきた活用事例,そして,液晶素子の弱点である高出力光に対する耐光性の向上の試みに言及し,加工技術への展開の可能性についても言及する。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 白色パルス光源の強度雑音キャンセル法の開発と誘導ラマン分光イメージングへの応用
    白色パルス光源の強度雑音キャンセル法の開発と誘導ラマン分光イメージングへの応用 東京理科大学 瀬戸啓介 2018年05月01日
  • 自己光混合法を用いたナノ物性測定装置
    自己光混合法を用いたナノ物性測定装置 東京都市大学 須藤誠一 元東海大学 大塚建樹 2018年04月09日
  • 製造現場での高分解能観察のための構造化照明顕微鏡
    製造現場での高分解能観察のための構造化照明顕微鏡 静岡大学 臼杵 深 2018年03月13日
  • 光を使ったナノ炭素材料の分散制御技術
    光を使ったナノ炭素材料の分散制御技術 国立研究開発法人産業技術総合研究所 神徳啓邦 2018年02月08日
  • ポリマー光ファイバーで挑戦する民間の防災 —有機材料の利点を生かして—
    ポリマー光ファイバーで挑戦する民間の防災 —有機材料の利点を生かして— 電気通信大学 古川 怜 2018年01月16日
  • ヘテロコア光ファイバが埋め込まれた柔軟素材を用いた生体情報センシング
    ヘテロコア光ファイバが埋め込まれた柔軟素材を用いた生体情報センシング 創価大学 小山勇也,西山道子,渡辺一弘 2017年12月11日
  • 塗布型有機無機ハイブリッドペロブスカイト太陽電池の研究
    塗布型有機無機ハイブリッドペロブスカイト太陽電池の研究 埼玉大学 石川 良 2017年11月01日
  • シリコンを材料に用いた赤外光検出器
    シリコンを材料に用いた赤外光検出器 電気通信大学 菅 哲朗 一般財団法人マイクロマシンセンター 安食嘉晴 2017年10月04日